🌼*° 私の薮くん歴

私のヲタク歴(薮くん歴)について、色んな方に色んな時期の事を話している上に、自分でも今のままではとっても曖昧なので振り返ってまとめてみます。

むちゃくそ長いしどうでもいい話かもしれませんが、仲の良い方は特に読んでいただけるとm(_ _)m


f:id:yayayah4ever:20180203120540j:image

まず、薮くん(Ya-Ya-yah)との初めての出会いは2002年。大好きで見ていた忍たま乱太郎のオープニング、エンディングを歌うことでYa-Ya-yahというグループの存在を知りました。
その時期はテレビ露出が多く、とにかくその子達に持ったイメージは、私の中で初めて「ジャニーズJr.」と認識した人達。そして私のドタイプの方々の集まり。ジャニーズJr.=Ya-Ya-yahだけだと思っていました。
幼かったので、それまでは男の子に対してカッコイイだのタイプだのそう思う事は無かったのですが、初めて「この人、超タイプ!!!!!」という認識を持ち、薮くんに対してそう思った瞬間のことは今でも鮮明に思い出されます。また幼きにして、天性の薮くんの歌声はとっっっても衝撃的でした。
その後、茶の間といえば茶の間でしたかね。グループ箱推しみたいなかんじでこそっと「Ya-Ya-yah」が好きで、担当等の言葉は知らず、ジャニヲタ必須の媒体も持ち合わせてなかったので。(そもそも小3やで、、)
Ya-Ya-yah」という番組も実家の熊本では放送しておらず、「ザ少年倶楽部」も知った時期は遅かったですが、テレビで見かけた際はしがみつくように見ていた気がします。

 

そんな状態が続き、3年B組金八先生第7シリーズの放送が始まりました。Ya-Ya-yahがドラマ!しかも3人も!とひっそりとひとりで湧いていました。確か姉もその時期光くんが好きだったような発言をしていたような。この時は薮くんよりも光くんや太陽くんのイメージが強くて、そっちに目がいってました。完全なる箱推し状態が続きます。

 

その後、KAT-TUNやNEWSが流行りだし、夢に中丸くんがいきなり出てきたことから中丸くんに完全に落ち(2005年)、そこからがしっかりとしたヲタクの始まりかもしれません。
ネットでテレビ情報を得たり、写真を印刷してお部屋に貼ったり、近くのコンビニに唯一あったM誌をお小遣いで買ったり友達に見せてもらったりしてました。某動画サイト等で過去の動画をあさり始めたのもここらへんから。こちらもこっそりですけど。今で言う掛け持ちのような感じでYa-Ya-yahも同時にあさっていました。

 

そして中学に入学すると、仲の良かった友達が山田くんにハマり、一緒にヲタクする仲になりました。自分はバンドにもハマる等してブランクを挟んだ故、とても大人になっていたYa-Ya-yahに衝撃を受けた記憶があります。
この時期にやっと親や周りにもヲタクをあかしはじめ、親のスライド式携帯のパケットを気にしつつ、サイトを見たりブログ等を始めたので、「担当」という言葉を知ったのはその時期ぐらいからかな。


それから間もなくして「Hey! Say! JUMP」のデビュー。これぞ一番の衝撃でした。
Ya-Ya-yahのあの2人が、Hey! Say! JUMPへ。
まさかの。まさかのでした。
あの子だよ?!あの子達がだよ?!Ya-Ya-yahじゃないの?!嘘でしょ!!と周りに言い散らかしてさぞ煙たがられていたことでしょう。←
そこで後悔したんですよね。Ya-Ya-yahに会いたかったって。遠かったから。幼かったから。会えなかったんだ、、。
でもやっぱり応援したいなって思って、
「そうか。一番好きな人の事を担当というのか。」
それからが「薮宏太担」になったのです。
私の中で「担当」っていう言葉にはかなり重みがあると思っていて、ゆるーっと好きだった時期やその言葉を知らなかった時期、ヲタクと認識して生きてない時期を「担歴」とは呼ばないんじゃないか。と思い、自分は今日から「薮担だ」とその日からだと決めました。
なので薮担歴でいえば10年。Ya-Ya-yah自体を好きになってからは15年になります。
ライブに行ってればよかったとか、テレビ情報をもっと早く知りたかったとか、あの時の後悔が思い出されます。今もそうです。もっともっと当時のYa-Ya-yahに触れていたかったです。

電車はまず無い、車やバスで時間を掛けて行かないと本屋やCDショップにも行けない、ライブにも来てくれるはずのないド田舎の島で、好きだったことを隠していた小学生が少しでも充実したYa-Ya-yahライフを送るためにはどうしたらよかったのか。隠さなければ周りも協力してくれていたかもしれない。もう、そういう後悔だらけです。

あそこまでYa-Ya-yah復活祈願企画に積極的に参加していたのも、この気持ちが大きかったから。それでもやっぱり、どんどんどんどん時は流れていくんですよね。

 

そんなこんなで、デビューしたHey! Say! JUMPも11年目になりました(いきなり飛ぶ)。これから先、困難もあるでしょうが、ずっとついて行くつもりです。応援していきたいです。だって、JUMPがいなければ、こうしてお友達と繋がることもできなかった、こんな、色んな楽しみや幸せがあるなんて知らなかった。学生時代は特に落ち込むばかりの私の生活も変えてくれた。
だからJUMPには感謝してもしきれないくらい。

 

そしてなんといってもYa-Ya-yah。例えあのメンバーが今後揃うことがなかったとしても、ずっとずっと好き。キラキラと生き続けています。
去年はYa-Ya-yahとしてやぶひかがステージ上に上がってくれて。その話を聞いただけで、こんなにも、号泣したことは無かったです。その時の気持ちをまた文章にしたいけど、なんさまできない。できなくても、同じ気持ちを味わった方々はきっとたくさんいるはずです。
私が知らない所でもいい、メディア上でなくていいから、やぶひかだけじゃなくて、きっとどこかであのメンバーで、顔を合わせてニコニコと昔のように笑っていますように。と願うばかりです。

ありがとう。Ya-Ya-yahも、そしてJUMPも、私に今の世界を与えてくれて、本当にありがとう。

以上、最後らへん重くてすみませんでした。
ご静聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

まゆんぶん(’ー’*)β

 

🌼*・JUMP投票選出10曲の魅力

f:id:yayayah4ever:20170613235532j:plain

はじめまして、まゆんぶん(’ー’*)βと申します★
名前から分かる通り、薮担させてもらってます。
はてなブログは初めて投稿させて頂きます(^ω^)

ついにHey! Say! JUMPのベストアルバム
Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O」の発売詳細が出ました!

その内容で特にファンの方々が気になっていた事
ファン投票での10曲選抜!!
発表されてから、早々

・昔の曲がたくさん!嬉しい!!
・なんで最近の曲が入ったの、、
・あの曲入れて欲しかった(><)
・みんなが願ってた曲音源化される!やった!

などなど、やはり賛否両論でございます(笑)
ですのでそこで、楽曲関係にうるさい主が
なぜこの曲たちが選ばれたのか...
勝手に想像で語らせていただきます!!!
実際の所全然分からないし、だからなんだよ黙れ!(`_´)って思われるかもだし
選ばれた理由の予想より楽曲の魅力の方を多く語ってるかもですが、、←てへ
ここにせっかく来たからには、少しのお時間お付き合いくださいませm(_ _)mぺこり




【TO THETOP】
この曲を聴いて明日からも頑張ろう、夢を追いかけようと前向きになれ、JUMPからリアルに肩を押されたように感じることのできる曲。明るい曲調なのに何故か涙が零れる、といったような不思議な力がある。古株さん達にとっては特に思い入れがあり、以前コンサートの後半によく歌われていた超絶人気神曲であるにも関わらず、未だ未収録であった伝説の1曲。新規さんもそれを重々理解してくれており、昔の曲を選ぶならば、と選んでくれた新規さんも多かったはず。その為、圧倒的投票数が多く、選出されたと思われる。


【トビラの向こう】
初期のJUMPを象徴するに相応しい、あざといほど可愛くて明るいオリジナル曲。セリフの掛け合いがある為、龍太郎くんなしでは、という声も多かったものの、昔からこの曲に登場するメンバーそれぞれのキャラクター感に魅了され溺愛しているファンや、大人になったJUMPでのトビラの向こうが聴きたい、見たいという以前からのファンが多くいた為、選出されたと思われる。


【Star Time】
ファンがコンサートで聴きたいと思うバラード曲の中ではトップクラスといえる1曲。デビューシングルのカップリングで思い入れが強いというのもあるが、美しいサウンドや伊野尾くんのピアノ演奏も印象的、また、開けたアップテンポな編曲や前向きな歌詞が、進化していくJUMPを連想させる。メンバーやファンとしては、昔から今までも、またこの先もずーっと歌い継ぎたいと思う気持ちがきっとあるのではないか。大事にしたい1曲、という印象が強い為、選出されたと思われる。


【心·技·体】
初期の可愛いイメージの強かったJUMPでも、本気になれば死ぬほどカッコイイのだということをデビュー早々に思い知らされた衝撃の1曲。
叫ぶセリフや楽器等、和を織り込んであり、脳内に強く残る編曲となっている。知念くんの高音やキレのあるダンス、千手観音等ついついひれ伏したくなる崇拝心を掻き立てる。初期からのファンのほとんどは、以前からこの曲の音源化を強く願っていた印象が強い為、選出されたと思われる。


【愛ing〜アイシテル〜】
A面と言われてもおかしくないほど、とにかくメロディと歌詞が驚くほどマッチしていてキャッチー、なおかつ全員が「あいしてる」と呟く部分も魅力的。個人的にはみんな仲良しこよしにニコニコで踊って歌う所がとても好きだ。OVER発売当時、ヘビロテして聴いていたファンも多いのではないか。手をつなぐ〜等、懐かしのメンバー同士のふれ合いがパフォーマンス中に見れることを願うファンが多かったのではないかという所から、選出されたと思われる。


【Chiku Taku】
JUMPとしては最近の楽曲の部類であるが、どこか昭和を匂わせるサウンドとメロディが特徴的で、やぶひかの印象が強く昔のシンメ感を蘇らせる為、やぶひか厨にはたまらない一曲。またDEAR.魂ではバンド形式で演出され楽器や歌等、メンバーの真剣で力強いパフォーマンスも見どころ。音源化されたのち、コンサートで披露するなり爆発的人気曲となり、古株、新規関係なくみんなに愛された楽曲と言える為、それに従い投票数も多く選出されたと思われる。


【Viva!9's SOUL】
JUMPメンバー全員の紹介や名前を叫ぶ歌詞となっており、新規さんの中では圧倒的人気の高い楽曲。今の大人になったJUMPの可愛さの部分、元気な部分を絞りに絞り出し、本来の「JUMP感」をとことん詰め込んだ楽曲でもある。メンバーとファンが一体となって掛け声をしたり、サビも踊りやすい振付となっている為、JUMPコンといえばビバナイ!というファンも多く、選出されたと思われる。


【Romeo&Juliet】
JUMPファンの愛称「とびっこ」が浸透する前、使われていた愛称「ジュリエット」はこの楽曲から来ている。メンバーに「僕のジュリエット」扱いされる感覚に浸ることのできる究極のトキメキソング。ロミジュリと言えば飾らない白のシンプルな衣装だがそこからわき出るJUMPの愛くるしさで見事カラフルに曲が染まっている。以前のコンサートではこの曲がアンコールとして歌われるのが定番となっていた為、コンサートではやっぱりロミジュリが聴きたい!!と豪語する古株さん達からの熱い多票数により選出されたと思われる。


【太陽にLOVE MOTION!】
アップテンポな曲調、またマドンナ的女性像が現れる歌詞がとても印象的。古株さんが感じる曲に対する「懐かしさ」で言えばきっとこの曲が上位に来るはずだ。以前主の同級生の男の子がこの曲の歌詞画SNSで使っていたのを見てから、幅広い人々に共感や癒しを与えることのできる曲だと思っている。コンサートやDVDで聴けばみんなすぐに覚えて口ずさめる魔法のような楽曲で、シンプルに曲が可愛くて大好き!と音源化を期待するファンが多かった為、選出されたと思われる。


【From.】
デビューからの年月を振り返り、JUMPとして、ファンに伝えたい事が身にしみてわかる楽曲。以前からのファン、新しく好きになってくれたファンを「色とりどりの君が」と例え、歌ってくれているように聞こえる。昨年のDEAR.コンでオーラスでしか歌われなかった事、円盤化されなかったことを悔やむファンが大量発生した程、最近のJUMP曲の中ではトップでファンの心をギュッと掴んだ楽曲の為、選出されたと思われる。またデビューから応援してきた主としても、1度10周年の旗を9人とファンで立てるに相応しい曲ではないかと密かに思っている。



以上!くそみたいな感想と予想、そして語るにつれ徐々に熱くなってしまいましたが、これを読んで一緒に懐古してくれたり共感してくれたり、そうだったんだー!と昔のことを知ってくれる新規さんが少しでも増えたりしたらいいなあと思います( ・∇・)

ひとつだけ確実に言えるのは、JUMPの曲はどれも素晴らしい曲ばかりだということ、ファンがそれぞれ楽曲に思い入れがあって、そこから生まれた思い出を大切にしていること、ですかね(*^^*)
なのでTwitter等で見かける、アルバムにいらない、必要ないなんて曲はひとつもないはずです!

ベストアルバム、私としてはとっても楽しみにしてます!ツアーにも期待して.+*:゚+。.☆
お付き合いありがとうございました\( ´ω` )/



まゆんぶん(’ー’*)β