唇からこぼれ落ちたラララ*°

君と音楽とが共存する世に生まれてしまったもんだから

🌼*° 私がトラジャ布教に力を入れる理由

 

夜中に言いたいこと積もりに積もってきたので書きます。

 

私は今、Travis JapanっていうジャニーズJr.のグループを応援しています。

 

トラジャ、ダンス上手でカッコイイよね!

YouTubeとか可愛いよね

デビューして欲しいよね

きっとデビューできるよ!

だってレベル高いもん!!

Jr.の人気グループじゃん?!!

 

 

 

そう思えるんならどれだけ幸せだろう

 

 

 

はい、ここまでで閉じようとしたひと絶対おるな✋

 

自分はよく動画作成したものをTwitterに上げてます。知ってる人もいると思うけど

 

 

「 FF数増やすためにやってんの??」

「 RTふぁぼ稼ぎ?? 」

 

 

そう思ってる人達もいるだろうね、だけど

 

 

 

 

 

そんなことどーだっていいんだよ!!!!

 

 

 

いまこれ見てる人は色んな人がいると思う

トラジャ担の人、そうじゃない人、トラジャを広めたいタイプの人、ずっとJr.でいて欲しいってタイプの人、私のフォロワーさん、そうじゃない人、通りすがりの人

 

 

 

 

本当に話したいのはここから。___

 

 

過去に私が好きだったJr.のグループがいた

 

Ya-Ya-yah (2001〜2007)

 

少年倶楽部では常に前っ側でマイクを持ち、オリジナル曲もみんな大好きで、ダンスも歌も抜群、ピカイチで輝いてた。

グループ名がそのまま番組名にだってなって、その番組は約5年弱も続いた。

誰しもがYa-Ya-yahはデビューするもんだと思ってた

みんなが待ち望んでた

 

 

2007年9月24日

 

Hey! Say! JUMP 結成発表

Ya-Ya-yahからは薮宏太くん、八乙女光くんのみ

10人の中に抜擢された

 

その発表はいきなりすぎた

それ以降、Ya-Ya-yahの活動が見られなくなってしまい、後に残された2人は退所してしまった。

ファンは泣き崩れて、諦めきれなくて、復活を願って色んな活動をした

私もその時、Ya-Ya-yahの復活を願って活動に参加させてもらった

顔もわからない、名前も知らないたくさんの人達がみんな同じホームページに集まって色んな企画を考えては、実践した

 

 

それでも、Ya-Ya-yahが帰ってくることは無かった

 

 

今でもその時の会話や企画の内容が残ってます↓

http://id26.fm-p.jp/125/khts888/

 

この観覧は任意だけど、歌を贈ろうという企画で私が作曲を担当した歌です。

編曲は中学の時にやったのでクオリティ低いです。

10年以上たった今でも、思い出してはホームページにメッセージを残しに来る人、企画見てましたって声をかけてくれる人がいます。

それくらいYa−Ya−yahって凄かったんだよね

 

 

ジャニーズJr.である以上、そのグループが人気だから、知名度が高いから、そんな理由でデビューできるかっていったら、正直難しい。それはファンも本人達もみんなきっと分かってるはずだよね。

 

事務所の過去のことをたくさん知ってれば知ってるほど、今推してる子達が同じ状況になったとしたら、悲しくないですか?悔しくないですか?

 

だから、自分は自分なりに布教に力入れたいと思った

 

事務所が用意するメディアものには限界がある。だから、ジャニーズファン内での観覧に留まってしまいがち。

 

そうなった時に、色んなものとコラボさせたり、パロディにしたら色んな人が見てくれるんじゃないかな。なるべく短時間で名前やグループ名も表記したものにしたらどうかな。

 

そう思った時に考えついたのが私の場合動画作成だった。

 

グレーながら著作権問題もあるし、見てもらえる人数なんてごくわずか。

 

それでも初めて作ったあいのりOPが思ったより伸びてくれて、他にも天てれEDとかPVとかジャニーズファンじゃない方にも反応して頂けて、少しでもTravis Japanの名前と顔広められたんじゃないかって。

 

だからFF数とかそんなのどうだっていい

確かに多ければ多いほど伝えてくれる人達は増えると思う

そう、Travis Japanの名前と顔が広まってくれたらそれでいいんだよ

 

この記事だって読んでくれる人が読んでくれればいい

 

 

私がTravis Japanを応援していこうと決めた時の沼落ち記事

 

まんまと沼に転げ落ちましたーー👐みたいな感じで書いちゃったけどさ

 

正直、担当にする時めちゃくちゃ考えた!迷った!!本っ当に迷った!!

あんた本当にJr.推していける?大丈夫?

何かあっても耐えられる?って

 

でも今のTravis Japanが大好きになったから

いい子達で、ガムシャラで、素直で、そんなところが大好きになってしまったから

 

今後、Snow Manの新メンバー3人のように、トラジャメンバーがどんな立場に立たされるか分からない、ちびっこ達と一緒にデビューさせられるかもしれない、グループ編成されてしまうかもしれない、最悪トラジャの名前が消えてしまう可能性だってある。それでも

 

 

なにがあっても自担の 中村海人 をずっと推してく、支えてくって決めた

 

 

だから、今大好きな7人が大好きなTravis Japanでいるうちに

 

何かあっても、幸せだったなって、後悔なく思えるように

全力で愛してあげたいです

 

 

たくさんの人に知ってもらって

Travis Japanなんでデビューしなかったんだろう

たくさんの人にそう思ってもらえるようなグループになったとしたら

彼らもこのメンバーでやって来てよかったって絶対思ってくれると思うから

 

 

「え、トラジャデビューできないってこと?」

 

 

そう言ってるんじゃない

 

Travis Japanには絶対にデビューしてほしい

 

 

 

幸せになって欲しい

 

 

一度好きなグループを失ってる分

次は絶対に幸せにしてあげたい

 

そう思えるのは今しかない

今推せる時に推しておくしかない

私達ファンの力には限界があるけど

Travis Japanを自分達の手でどんどん売るしかない

それがプラスになってデビューできたのならこんなに嬉しいことはない

 

 

去年からの新規だから、Travis Japanの過去の全てに寄り添えていたわけじゃないけど、Travis Japanのメンバー編成、脱退、色んな過去があったのを知ってるから

 

だからこそ最後は幸せになって欲しいよね

 

写真をたくさん買うなり、周りに広めるなり、再生回数増やすなりちょっとした事でもやれることはたくさんある

 

 

みんなで幸せにしてあげましょう

 

 

 

今の7人で、絶対、絶対デビューしようね

大好きだからね

 



f:id:yayayah4ever:20190311034025j:image

 

 

ま ゆ ん ち ゅ 🎼

 

🌼*° Travis Japanに落ちた時の話

こんにちは、まゆんちゅです⸜( ᐛ )⸝
いつもはまゆんぶんですが今回は
まゆんちゅとして書きます🐅🐅

書こう書こうと言いながら
気づけばTravis Japanの子達🐅と生き始めてから
約9ヶ月もの時間が経っておりました👐💓
全く需要のない個人的な記録ですが
沼落ちブログやっと書きましたので
間違えてポチッと開いちゃったよ!👐て方は
今回なかなか見にくい記事です、
Uターンをおすすめすることもできますᕕ( ᐛ )ᕗ


というわけで、まゆんちゅの
Travis Japan沼落ちブログ、スタート٩( ᐛ )و


【落ちる前の個人イメージ】

宮近海斗
f:id:yayayah4ever:20190211231000j:plain
ちゃかちゃん=目が大きいナポレオン、ダンスがお上手セクバの宮近、しゃべったら変な空気になる

呼び方は宮近、もしくはてぃんこたん←

〘 てぃんこたん 〙
ー平成を生き抜いた「2ちゃんねる」という掲示板にて使われた、宮近海斗のあだ名。(なんちゅうあだ名)
他にも、岩橋玄樹は「いわし」、岸優太は「岸2」、松島聡は「イソ」等がある。
てぃんこたんのイメージが強すぎて、「ちゃかちゃん」というあだ名を知った時は個人的定着に時間がかかりました。



川島如恵留
f:id:yayayah4ever:20190211231030j:plain
のえるくん=後ろの超絶良い位置で踊る、少クラのどこにでもいた子、白くてお顔の特徴的な子。

とにかくバックJrのプロというイメージ。
あと、毎回少クラではのえる担の方の団扇が異常に目立っていましたね。



吉澤閑也
f:id:yayayah4ever:20190211231049j:plain
しずや=アメーバピグの子、お兄ちゃんズの人

アメーバピグ
ー平成の時代において一時期活躍したアメーバというコミュニケーションツールのアバター的なやつの名前。
f:id:yayayah4ever:20190211231139j:plain
当時名前は知らずとも、お顔はとても印象強く、ずーっと「アメーバピグみたいな子」と言ってました。(ごめんね)

あと、あの全米が泣いた名作ドラマ、お兄ちゃんガチャにおいて私が大っっ好きだったAランクお兄ちゃんズのひとり。



七五三掛龍也
f:id:yayayah4ever:20190211231205j:plain
しめちゃん=名前が読めない子、顔面が強いイマドキ風の子、チキバの可愛いの

こちらはこれで以上です。



中村海人
f:id:yayayah4ever:20190211231339j:plain
うみんちゅ=唯一過去にJrの写真買った推し

Jrには絶対落ちない、ありえないと言い張りつつ出会ってしまったまゆんちゅ21歳の春。
うみんちゅカッコイイ!!最高!!!とかそういう落ち方ではなく「いやお前もちろんこの子だろ?」、という自分の中の悪魔に言い落とされた感じでありました(?)



松田元太 / 松倉海斗
f:id:yayayah4ever:20190211230900j:plain
松松=ここはもうセットで。
セクバの松松、言ってしまえば私の青春、Sexy松ありがとう大好きだったよ

セクバ全盛期、シャカリキ双子、我らが松松。
一生一緒にいてくれや。

※ちなみにのえるくんと同様、
松松もバックJrのプロで少クラのどこにでもいました


雑になってしまいましたが、
落ちる前のイメージはそんな感じ。



【落ちた理由】

とらちゅーぶ。📺

ーーーーーーーー

2018年春、デビューから応援してきた
Hey! Say! JUMPの10周年も無事幕を閉じ、
11年目また新たなスタートよ!
現場!来い!!来いーー!!、、、




こ、来ない!!!!!l||l(0Δ0)l||l

どんだけ待っても来ない、、、
DVDさえ出ない、
薮くんに会いたい、会いたい、、、
_|\○_




なーんもない、音沙汰ない
私の心も音沙汰ない
暇だなーー
そういえば見てないなー、あれ
ジャニーズがYouTubeとかどんな時代だよまじで(・Д・)

そういえば、あのうみんちゅ元気?
松松最近どうよ??


っと、気づけばポンっとデビューしていたキンプリちゃんとそれに夢中なJUMP担らを横目に軽い気持ちで浸かったトラジャの湯♨️


Happy Groovy📺♪再生
f:id:yayayah4ever:20190211233046p:plain

あれ?うみんちゅってこんな顔だった?もっと芋じゃなかった??



f:id:yayayah4ever:20190211233503j:plain

うわーーーー!
やっぱうみんちゅだーーーー!!!
このお顔!可愛いの!!☺️(頭抱える 1)


(ハピグル終わる)


いやー、ダンスいいね楽しい曲💃


自己紹介動画📺再生
f:id:yayayah4ever:20190211233538j:plain


あれ??!これ松松?、?!
え、これほんとに松松?!
てかさっきのハピグルに松松いた??!??


Happy Groovy📺♪再度再生
f:id:yayayah4ever:20190211233604j:plain

うーわ!!!これか!松松おとなになったなーーーーー!!!!(頭抱える 2)

※私が想像していた松松
f:id:yayayah4ever:20190211233624j:plain


この先、同じ土から生えたとらちゅーぶ落ち仲間の方ならわかると思いますが、

☺️.
😇🌱
🤗🌷

と、どんどんどんどんトラジャちゃんのゆるゆるぽわぽわもふもふがやがやぱらぱらとろとろぬるぬるぴかぴかぽよぽよの沼に落とされていきました😇
極めつけはエンディング曲作る動画(この時点で、頭抱える 30ぐらいしました)


f:id:yayayah4ever:20190212001838j:plain
ちなみにこの時やっとしめかけくんの呼び方と、しめかけくんの天使みとぶっ飛びみを知りましたアーメン🙏👼



ー後日ー


記者会見動画📺再生
f:id:yayayah4ever:20190211233705p:plain


え、いい、、コレ超いい、
なんかぁ、男子校の体育祭各団事前顔合わせ〜みたいで好、、、(頭抱える 35)


f:id:yayayah4ever:20190211233810p:plain

次だよ、、次この子達の出番、大丈夫かな、、、


、、ん?「この子達」?!?!?!←
自分今なんて?!
「「「 この子達の出番、大丈夫かなぁあ 」」」?!?!?!


まてまてまて、なに。
それは我が子に向けて使うような言葉ではないのか?!?!


(ここでやっと気づいた。トラジャちゃんが既に自分の中で「うちの子達」になってしまっていたことを。頭抱える 58)

f:id:yayayah4ever:20190211233909p:plain

か、!かわいい、、____○_!!!!
やっぱり可愛いよ最高だよ!!!
大好きTravis幼稚園Japan( ᐛ👐頭抱える 72)



ーーーーーーーー

という、まるでJr.チャンネル落ちのお手本📖のような落ち方でしょ??(^q^)




と実は、トラジャ担になるまでの道のり、これだけではなかった。


トラジャ担となる直前、どーーーしてもJrに落ちてしまったことを信じれなかった自分は、うみんちゅさんとあるひとつの賭けをしたのであります。(勝手に)



f:id:yayayah4ever:20190211235527j:plain



「うみんちゅさんよ、私の中で薮くんの1番は変えられないのだよ?色んなこと乗り越えてきた私と彼との絆は強すぎるのだよ?
それでも君が私を落とす自信があるのならば、今夜夢の中で私を全力で落としてごらんなさいっ💋👗👠!!」

っとよく分からんが何故かドラマのヒロインかよ的な目線で意気込んでこんなことを念じ、夜眠りについたのです。(だから勝手に)



ーが、その夜、彼が夢に出てくることは無かった。



「もう!!なんで出てきてくれないの〜〜〜!!!/^o^\頭抱える 100!」


っと、そのまま担当になったのであった



f:id:yayayah4ever:20190212010029j:plain

まったくも〜、可愛いんだから!!💓


〜~沼落ち完~〜




f:id:yayayah4ever:20190211235642j:plain





最後になりましたが、君たちに出会えて本当によかった!!!!

ご清聴ありがとうございました\(^o^)/💓



ま ゆ ん ち ゅ 🎼

🌼*° 薮宏太と名作曲家との軌跡の話

みなさんは薮宏太くんはもちろんのことと思いますが、「 馬飼野康二 」 氏をご存知ですか?

きっと知っていて当然!という方と、名前は見たことあるけど誰だっけ?という方いらっしゃるかと思います。

普段私が拝みに拝み倒しているお2人、自担である薮宏太くんと、音楽界で最も尊敬している作曲家・馬飼野康二先生との関係性や歴史について、少しの間語らせて頂きますm(_ _)m

 
■ 薮 宏太
f:id:yayayah4ever:20180302231125j:image

 薮 宏太(やぶ こうた、1990年1月31日 - )は、日本の歌手、タレント、アイドル、俳優であり、元Ya-Ya-yahのメンバーであり、男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPとHey! Say! BESTのメンバーである。身長178cm。A型。

引用元︰薮宏太 - Wikipedia

 

■ 馬飼野 康二
f:id:yayayah4ever:20180302231145j:image

 馬飼野 康二(まかいの こうじ、本名同じ、1948年1月26日 - )は、日本の作曲家、キーボディスト、アレンジャー、ミュージシャン。作曲家の馬飼野俊一は実兄。

公式サイト 「作家で聴く音楽」第七回 馬飼野康二

引用元︰馬飼野康二 - Wikipedia

馬飼野康二先生は、大昔から非常に多くのジャニーズ楽曲を手掛けられている有名な作曲家さんです。Wikipediaの主な作曲作品一覧をご覧になると分かるかと思いますが、ジャニーズだけでなく幅広い有名アーティスト数多くの名曲に携わっておられます。

 

■ 薮くん × 主な提供楽曲

薮宏太くんが今まで主に歌ってきた馬飼野康二先生作曲の楽曲達をご紹介します。

 

Ya-Ya-yah》2002年〜

・僕はただ...

・愛史〜羽ばたく勇気〜

・勇気100%

世界がひとつになるまで

・Love together 2002

・合言葉はYa-Ya-yah

 

Hey! Say! JUMP》2007年〜

・Ultra Music Power

Dreams come true

・Chance to Change

・真夜中のシャドーボーイ

・夢色

・瞳のスクリーン

・スノウソング

・Screw

・Come On A My House

 

ざっと並べてみましたが、へぇ〜!そうなんや〜結構あるね!程に思われたかと思います。が、ここから先を読んで頂けると馬飼野先生の楽曲達薮宏太くんとがいかに親密に関わり、ジャニーズでの時間を共に歩んできたかがお分かりいただけるかと思います。とても尊いですよ!尊ーい!!!

 

■薮くん × デビュー曲

《薮宏太 CDデビューシングル》
f:id:yayayah4ever:20180302231209j:image

アーティスト︰Ya-Ya-yah

勇気100%/世界がひとつになるまで

 

《薮宏太 メジャーデビューシングル》
f:id:yayayah4ever:20180302231221j:image

アーティスト:Hey! Say! JUMP

Ultra Music Power

 

 そもそも論から言ってしまうと馬飼野先生は、ジャニーズアイドル薮宏太くんにとっての記念すべきCDデビューシングル曲、さらにはメジャーデビューシングル曲まで作曲を担当なされています。

 

みなさんが普段耳にしている薮くんの歌声は、馬飼野先生の曲により初めて世に放たれ以後注目を浴びることになるのです。各時期のフレッシュな薮くんの歌声は、まさに馬飼野先生の力強くも優しいメロディーに相応しいものであったと思います。

 

■薮くん × 忍たま乱太郎

忍たま乱太郎の楽曲はOP、ED共に馬飼野先生が長年担当されています。
f:id:yayayah4ever:20180302231307j:imagef:id:yayayah4ever:20180302231319j:image

忍たま乱太郎 20th アニバーサリーアルバム オープニング&エンディング集

こちらの忍たま乱太郎アニバーサリーアルバムには、薮くんが過去に歌った 「世界がひとつになるまで」、「夢色」 が収録されています。

 

Ya-Ya-yah 2002年〜Hey! Say! JUMP 2009年までの約7年間という長期にわたり、薮くんは馬飼野先生の楽曲をほぼ毎日のようにお茶の間へお届けしていたことになります。私と同じ世代であれば、みなさんもきっと薮くんの歌あっての忍たまを視聴して育ったはずです。

 

■薮くん × CMタイアップ曲

Love together 2002 / Ya-Ya-yah
f:id:yayayah4ever:20180302231401j:image

KICK!ODAIBA 2002 テーマソング

Ya-Ya-yah; Kick CM - YouTube

 

合言葉はYa-Ya-yah / Ya-Ya-yah
f:id:yayayah4ever:20180302231417j:image

ファイブスター CMタイアップ曲

Ya-Ya-yah; Five Star CM {running} - YouTube

 

・Ultra Music Power / Hey! Say! JUMP
f:id:yayayah4ever:20180302231441j:image

バレーボールワールドカップ 2007
イメージソング 

Hey! Say! JUMP World Cup Volleyball 2007 (CM) - YouTube

 

Dreams come true / Hey! Say! JUMP
f:id:yayayah4ever:20180302231455j:image

北京オリンピックバレーボール
世界最終予選 イメージソング

Hey!Say!JUMP CM - YouTube

 

・Come On A My House / Hey! Say! JUMP
f:id:yayayah4ever:20180302231514j:image

ハウス バーモントカレー CMタイアップ曲

かもなまいはうすっ♪♪ - YouTube

 

馬飼野先生が曲を提供して下さっていた2013年までの間に、イメージソングを持った薮くん出演CM、実は全て馬飼野先生の楽曲がタイアップされているのです。(画質すみません)

 

■薮くん × 舞台挿入歌

f:id:yayayah4ever:20180302231551j:image

PLAYZONE2002 愛史 [DVD]

PLAYZONE2002 愛史 [CD]

 

青山劇場・大阪フェスティバルホールで行われた「 PLAYZONE2002 愛史 」 の舞台では、馬飼野先生が音楽監督を務められました。こちらのアルバムには各場面で歌われた馬飼野先生の楽曲作品に並び、王子役で出演していた薮くんの歌う楽曲も一緒に収められています。

 

王子役の薮くん
f:id:yayayah4ever:20180302231610j:image

薮くんの唯一音源化されているソロ楽曲 「僕はただ...」 が聴けるとても貴重な円盤となっております。

 

個人的には、薮くんが少年隊さん達と歌っている 「愛史〜羽ばたく勇気〜」 という曲がものっすごく好きで、辛い時に聴いて何度癒されたことか何度涙を流したことか、という程、ハーモニーが本当に素晴らしすぎるのでこれは生きている間に絶対に聴いておくべき一曲ですよ!!(落ち着け)


■薮くん × 作詞

f:id:yayayah4ever:20180302231730j:image

Screw / Hey! Say! BEST

収録CD︰OVER

 

上記の曲は、薮くん作詞馬飼野先生作曲という、私からするとまさに尊きことこの上なしのコラボ楽曲です。遂に2人のコラボ作が世に出た!ということを知った時(歌詞カード確認時)、嬉しさからの興奮が抑えきれず散々湧き散らかし、周りにご迷惑をお掛けしましたというおめでたい思い出です。

2人が同じ時代に生きていなければ生まれなかった楽曲。薮くんの歌声を支えてきた馬飼野先生の繰り出すメロディーと、それを奏でてきた薮くんの描くストーリーとのマッチング。しぬほど尊いですね...!

 

■薮くん × 紅白歌合戦

f:id:yayayah4ever:20180302232313j:image

Hey! Say! JUMPは昨年、無事10周年を迎えました。そんな素敵な年を締めくくるようにして、大きな舞台、NHK紅白歌合戦への初出場も叶えることが出来ました。

この時にHey! Say! JUMPが歌った曲、

「 Come On A My House 」 でしたね!

こちらの曲、実は馬飼野先生からのJUMPへの最後の提供楽曲なのです。

馬飼野先生はジャニーズグループへの楽曲提供としては、Jr.やデビューしたての若手グループ中心に多く提供してくださっています。初期の頃、オリジナル曲の少なかったJUMPも多くの馬飼野先生の楽曲に支えられていました。その後、先生特有のキラキラアイドル青春ソングや、キャッチーな歌謡曲風の楽曲から更に様々なジャンルの楽曲をものに出来るグループとなり、2013年カモナを最後に馬飼野先生の音楽から巣立っていったように思えました。
f:id:yayayah4ever:20180302232332j:image

10周年には音楽特番にてまた 「 勇気100% 」 も披露してくれたり、Hey! Say! JUMPの成長をとても感じることができる年となりました。

またいつか、馬飼野先生の新たな曲をJUMPとしてキラキラと披露してくれる日が来ることを願っています。

 

■忘れてはいけない名曲

この星で生まれて / ジャニーズJr.
f:id:yayayah4ever:20180302231759j:image

上記に挙げた楽曲以外にも、あらゆるアーティストへ楽曲提供なされている馬飼野先生ですが、その中でも薮くんがカバーしたことで知られる未音源化楽曲もあります。

その曲が 「 この星で生まれて 」 です。

元々は錦戸亮くんがJr.時代に歌っていた曲になりますが、爽やかで美しいこの楽曲は、薮くんのストレートかつ透き通った歌声と絶妙にマッチしているのでぜひ聴いて頂きたくご紹介します。

この星で生まれて - YouTube

 

Beautiful / ジャニーズJr.
f:id:yayayah4ever:20180302231813j:image

この曲は、ジャニーズJr.みんなで歌っているイメージの強い曲でこちらも音源化されていませんが、馬飼野先生の曲の中では一番と言っていいほど大好きな曲です。「 Hey! Say! JUMP デビュー&ファーストコンサート いきなり!in東京ドーム 」 の際も後半に歌われていたので、ご存知の方も多いかと思います。

注目すべきやぶひか落ちサビの部分、

薮 「 最高のその微笑に その眼差しに〜 」

光 「 世界中が見惚れている〜 」

 ここが本当に最高です泣きます(語彙力)

こちら、色んな意味で非常に激エモ映像となっているので、視聴の際は意を決してご覧になってください。

Johnny's Jr. - Beautiful - Video Dailymotion

 

■まとめ

みなさん、いかがでしたか?というかそもそもここまで読んでくださった方います?!笑

結論何が言いたいかというと、たくさんの音楽達が行き交うこの世の中で、自分の音楽感性にバチッと一致するような音楽を毎回出してくださる馬飼野康二先生と、普段から大好きでたまらない自分にとって唯一無二の存在薮宏太くんというアイドルが、十数年という時を経て様々な関わりを持ち、その音楽を世に放っているという奇跡が、私の生きる世界での出来事としてはあまりにも尊すぎて、ありがたすぎて、優しすぎるのです。「 君と僕とは同じこの星で生まれて 奇跡のようなそんな出会いを繰り返し生きている / この星で生まれて 」 まさにこの歌詞のようです。

普段耳にする音楽というものは、主にアーティストの方に注目してしまいがちですが、このようにアーティストと作曲家とのストーリー歴史関連性が隠れていたりするんです。とても面白いと思いませんか??

今後CDを手にした際は歌詞カード、テレビで披露された際はタイトル下部にぜひ注目してみてください。そして作曲家さん、作詞家さん、編曲家さん等にも目を向けてくださると、私のような楽曲厨としては以後いろんなお話が出来るのではないかと嬉しく思います。また、そこに注目することで自分の音楽感性に合った作曲家さんにも出会うことができ、今以上に音楽ライフの幅が広がることと思いますよ!!

 

この度も、ご清聴ありがとうございましたm(_ _)m

 

まゆんぶん(’ー’*)β

 

🌼*° 私の薮くん歴

私のヲタク歴(薮くん歴)について、色んな方に色んな時期の事を話している上に、自分でも今のままではとっても曖昧なので振り返ってまとめてみます。

むちゃくそ長いしどうでもいい話かもしれませんが、仲の良い方は特に読んでいただけるとm(_ _)m


f:id:yayayah4ever:20180203120540j:image

まず、薮くん(Ya-Ya-yah)との初めての出会いは2002年。大好きで見ていた忍たま乱太郎のオープニング、エンディングを歌うことでYa-Ya-yahというグループの存在を知りました。
その時期はテレビ露出が多く、とにかくその子達に持ったイメージは、私の中で初めて「ジャニーズJr.」と認識した人達。そして私のドタイプの方々の集まり。ジャニーズJr.=Ya-Ya-yahだけだと思っていました。
幼かったので、それまでは男の子に対してカッコイイだのタイプだのそう思う事は無かったのですが、初めて「この人、超タイプ!!!!!」という認識を持ち、薮くんに対してそう思った瞬間のことは今でも鮮明に思い出されます。また幼きにして、天性の薮くんの歌声はとっっっても衝撃的でした。
その後、茶の間といえば茶の間でしたかね。グループ箱推しみたいなかんじでこそっと「Ya-Ya-yah」が好きで、担当等の言葉は知らず、ジャニヲタ必須の媒体も持ち合わせてなかったので。(そもそも小3やで、、)
Ya-Ya-yah」という番組も実家の熊本では放送しておらず、「ザ少年倶楽部」も知った時期は遅かったですが、テレビで見かけた際はしがみつくように見ていた気がします。

 

そんな状態が続き、3年B組金八先生第7シリーズの放送が始まりました。Ya-Ya-yahがドラマ!しかも3人も!とひっそりとひとりで湧いていました。確か姉もその時期光くんが好きだったような発言をしていたような。この時は薮くんよりも光くんや太陽くんのイメージが強くて、そっちに目がいってました。完全なる箱推し状態が続きます。

 

その後、KAT-TUNやNEWSが流行りだし、夢に中丸くんがいきなり出てきたことから中丸くんに完全に落ち(2005年)、そこからがしっかりとしたヲタクの始まりかもしれません。
ネットでテレビ情報を得たり、写真を印刷してお部屋に貼ったり、近くのコンビニに唯一あったM誌をお小遣いで買ったり友達に見せてもらったりしてました。某動画サイト等で過去の動画をあさり始めたのもここらへんから。こちらもこっそりですけど。今で言う掛け持ちのような感じでYa-Ya-yahも同時にあさっていました。

 

そして中学に入学すると、仲の良かった友達が山田くんにハマり、一緒にヲタクする仲になりました。自分はバンドにもハマる等してブランクを挟んだ故、とても大人になっていたYa-Ya-yahに衝撃を受けた記憶があります。
この時期にやっと親や周りにもヲタクをあかしはじめ、親のスライド式携帯のパケットを気にしつつ、サイトを見たりブログ等を始めたので、「担当」という言葉を知ったのはその時期ぐらいからかな。


それから間もなくして「Hey! Say! JUMP」のデビュー。これぞ一番の衝撃でした。
Ya-Ya-yahのあの2人が、Hey! Say! JUMPへ。
まさかの。まさかのでした。
あの子だよ?!あの子達がだよ?!Ya-Ya-yahじゃないの?!嘘でしょ!!と周りに言い散らかしてさぞ煙たがられていたことでしょう。←
そこで後悔したんですよね。Ya-Ya-yahに会いたかったって。遠かったから。幼かったから。会えなかったんだ、、。
でもやっぱり応援したいなって思って、
「そうか。一番好きな人の事を担当というのか。」
それからが「薮宏太担」になったのです。
私の中で「担当」っていう言葉にはかなり重みがあると思っていて、ゆるーっと好きだった時期やその言葉を知らなかった時期、ヲタクと認識して生きてない時期を「担歴」とは呼ばないんじゃないか。と思い、自分は今日から「薮担だ」とその日からだと決めました。
なので薮担歴でいえば10年。Ya-Ya-yah自体を好きになってからは15年になります。
ライブに行ってればよかったとか、テレビ情報をもっと早く知りたかったとか、あの時の後悔が思い出されます。今もそうです。もっともっと当時のYa-Ya-yahに触れていたかったです。

電車はまず無い、車やバスで時間を掛けて行かないと本屋やCDショップにも行けない、ライブにも来てくれるはずのないド田舎の島で、好きだったことを隠していた小学生が少しでも充実したYa-Ya-yahライフを送るためにはどうしたらよかったのか。隠さなければ周りも協力してくれていたかもしれない。もう、そういう後悔だらけです。

あそこまでYa-Ya-yah復活祈願企画に積極的に参加していたのも、この気持ちが大きかったから。それでもやっぱり、どんどんどんどん時は流れていくんですよね。

 

そんなこんなで、デビューしたHey! Say! JUMPも11年目になりました(いきなり飛ぶ)。これから先、困難もあるでしょうが、ずっとついて行くつもりです。応援していきたいです。だって、JUMPがいなければ、こうしてお友達と繋がることもできなかった、こんな、色んな楽しみや幸せがあるなんて知らなかった。学生時代は特に落ち込むばかりの私の生活も変えてくれた。
だからJUMPには感謝してもしきれないくらい。

 

そしてなんといってもYa-Ya-yah。例えあのメンバーが今後揃うことがなかったとしても、ずっとずっと好き。キラキラと生き続けています。
去年はYa-Ya-yahとしてやぶひかがステージ上に上がってくれて。その話を聞いただけで、こんなにも、号泣したことは無かったです。その時の気持ちをまた文章にしたいけど、なんさまできない。できなくても、同じ気持ちを味わった方々はきっとたくさんいるはずです。
私が知らない所でもいい、メディア上でなくていいから、やぶひかだけじゃなくて、きっとどこかであのメンバーで、顔を合わせてニコニコと昔のように笑っていますように。と願うばかりです。

ありがとう。Ya-Ya-yahも、そしてJUMPも、私に今の世界を与えてくれて、本当にありがとう。

以上、最後らへん重くてすみませんでした。
ご静聴ありがとうございました。m(_ _)m

 

 

まゆんぶん(’ー’*)β

 

🌼*・JUMP投票選出10曲の魅力

f:id:yayayah4ever:20170613235532j:plain

はじめまして、まゆんぶん(’ー’*)βと申します★
名前から分かる通り、薮担させてもらってます。
はてなブログは初めて投稿させて頂きます(^ω^)

ついにHey! Say! JUMPのベストアルバム
Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O」の発売詳細が出ました!

その内容で特にファンの方々が気になっていた事
ファン投票での10曲選抜!!
発表されてから、早々

・昔の曲がたくさん!嬉しい!!
・なんで最近の曲が入ったの、、
・あの曲入れて欲しかった(><)
・みんなが願ってた曲音源化される!やった!

などなど、やはり賛否両論でございます(笑)
ですのでそこで、楽曲関係にうるさい主が
なぜこの曲たちが選ばれたのか...
勝手に想像で語らせていただきます!!!
実際の所全然分からないし、だからなんだよ黙れ!(`_´)って思われるかもだし
選ばれた理由の予想より楽曲の魅力の方を多く語ってるかもですが、、←てへ
ここにせっかく来たからには、少しのお時間お付き合いくださいませm(_ _)mぺこり




【TO THETOP】
この曲を聴いて明日からも頑張ろう、夢を追いかけようと前向きになれ、JUMPからリアルに肩を押されたように感じることのできる曲。明るい曲調なのに何故か涙が零れる、といったような不思議な力がある。古株さん達にとっては特に思い入れがあり、以前コンサートの後半によく歌われていた超絶人気神曲であるにも関わらず、未だ未収録であった伝説の1曲。新規さんもそれを重々理解してくれており、昔の曲を選ぶならば、と選んでくれた新規さんも多かったはず。その為、圧倒的投票数が多く、選出されたと思われる。


【トビラの向こう】
初期のJUMPを象徴するに相応しい、あざといほど可愛くて明るいオリジナル曲。セリフの掛け合いがある為、龍太郎くんなしでは、という声も多かったものの、昔からこの曲に登場するメンバーそれぞれのキャラクター感に魅了され溺愛しているファンや、大人になったJUMPでのトビラの向こうが聴きたい、見たいという以前からのファンが多くいた為、選出されたと思われる。


【Star Time】
ファンがコンサートで聴きたいと思うバラード曲の中ではトップクラスといえる1曲。デビューシングルのカップリングで思い入れが強いというのもあるが、美しいサウンドや伊野尾くんのピアノ演奏も印象的、また、開けたアップテンポな編曲や前向きな歌詞が、進化していくJUMPを連想させる。メンバーやファンとしては、昔から今までも、またこの先もずーっと歌い継ぎたいと思う気持ちがきっとあるのではないか。大事にしたい1曲、という印象が強い為、選出されたと思われる。


【心·技·体】
初期の可愛いイメージの強かったJUMPでも、本気になれば死ぬほどカッコイイのだということをデビュー早々に思い知らされた衝撃の1曲。
叫ぶセリフや楽器等、和を織り込んであり、脳内に強く残る編曲となっている。知念くんの高音やキレのあるダンス、千手観音等ついついひれ伏したくなる崇拝心を掻き立てる。初期からのファンのほとんどは、以前からこの曲の音源化を強く願っていた印象が強い為、選出されたと思われる。


【愛ing〜アイシテル〜】
A面と言われてもおかしくないほど、とにかくメロディと歌詞が驚くほどマッチしていてキャッチー、なおかつ全員が「あいしてる」と呟く部分も魅力的。個人的にはみんな仲良しこよしにニコニコで踊って歌う所がとても好きだ。OVER発売当時、ヘビロテして聴いていたファンも多いのではないか。手をつなぐ〜等、懐かしのメンバー同士のふれ合いがパフォーマンス中に見れることを願うファンが多かったのではないかという所から、選出されたと思われる。


【Chiku Taku】
JUMPとしては最近の楽曲の部類であるが、どこか昭和を匂わせるサウンドとメロディが特徴的で、やぶひかの印象が強く昔のシンメ感を蘇らせる為、やぶひか厨にはたまらない一曲。またDEAR.魂ではバンド形式で演出され楽器や歌等、メンバーの真剣で力強いパフォーマンスも見どころ。音源化されたのち、コンサートで披露するなり爆発的人気曲となり、古株、新規関係なくみんなに愛された楽曲と言える為、それに従い投票数も多く選出されたと思われる。


【Viva!9's SOUL】
JUMPメンバー全員の紹介や名前を叫ぶ歌詞となっており、新規さんの中では圧倒的人気の高い楽曲。今の大人になったJUMPの可愛さの部分、元気な部分を絞りに絞り出し、本来の「JUMP感」をとことん詰め込んだ楽曲でもある。メンバーとファンが一体となって掛け声をしたり、サビも踊りやすい振付となっている為、JUMPコンといえばビバナイ!というファンも多く、選出されたと思われる。


【Romeo&Juliet】
JUMPファンの愛称「とびっこ」が浸透する前、使われていた愛称「ジュリエット」はこの楽曲から来ている。メンバーに「僕のジュリエット」扱いされる感覚に浸ることのできる究極のトキメキソング。ロミジュリと言えば飾らない白のシンプルな衣装だがそこからわき出るJUMPの愛くるしさで見事カラフルに曲が染まっている。以前のコンサートではこの曲がアンコールとして歌われるのが定番となっていた為、コンサートではやっぱりロミジュリが聴きたい!!と豪語する古株さん達からの熱い多票数により選出されたと思われる。


【太陽にLOVE MOTION!】
アップテンポな曲調、またマドンナ的女性像が現れる歌詞がとても印象的。古株さんが感じる曲に対する「懐かしさ」で言えばきっとこの曲が上位に来るはずだ。以前主の同級生の男の子がこの曲の歌詞画SNSで使っていたのを見てから、幅広い人々に共感や癒しを与えることのできる曲だと思っている。コンサートやDVDで聴けばみんなすぐに覚えて口ずさめる魔法のような楽曲で、シンプルに曲が可愛くて大好き!と音源化を期待するファンが多かった為、選出されたと思われる。


【From.】
デビューからの年月を振り返り、JUMPとして、ファンに伝えたい事が身にしみてわかる楽曲。以前からのファン、新しく好きになってくれたファンを「色とりどりの君が」と例え、歌ってくれているように聞こえる。昨年のDEAR.コンでオーラスでしか歌われなかった事、円盤化されなかったことを悔やむファンが大量発生した程、最近のJUMP曲の中ではトップでファンの心をギュッと掴んだ楽曲の為、選出されたと思われる。またデビューから応援してきた主としても、1度10周年の旗を9人とファンで立てるに相応しい曲ではないかと密かに思っている。



以上!くそみたいな感想と予想、そして語るにつれ徐々に熱くなってしまいましたが、これを読んで一緒に懐古してくれたり共感してくれたり、そうだったんだー!と昔のことを知ってくれる新規さんが少しでも増えたりしたらいいなあと思います( ・∇・)

ひとつだけ確実に言えるのは、JUMPの曲はどれも素晴らしい曲ばかりだということ、ファンがそれぞれ楽曲に思い入れがあって、そこから生まれた思い出を大切にしていること、ですかね(*^^*)
なのでTwitter等で見かける、アルバムにいらない、必要ないなんて曲はひとつもないはずです!

ベストアルバム、私としてはとっても楽しみにしてます!ツアーにも期待して.+*:゚+。.☆
お付き合いありがとうございました\( ´ω` )/



まゆんぶん(’ー’*)β